時代の節目を感じる


行き過ぎたコスト主義を見直すきっかけになれば良いね。
日本製品のあるべき姿ってやつを探し出す時代が来るかもだけど、少なからず不正をしている企業は、内部告発を恐れるあまり、従業員の懐柔に走るかも知れないね。

東芝神戸製鋼東洋ゴムなど、日本の大きな企業の不祥事が明るみになってざわついているにも関わらず、どの企業も上場廃止にならず、もう普通になっていることに違和感を諦観を覚える。
エンロンですら倒産し、リーマンですら上場廃止になったのに、端から見てまだ普通に企業活動を行えるだと?

こういうのが政治の力であるとは感じる。
そして大企業に潰れてもらっては困ると言う理屈もわかる。
そうであれば、結局は信賞必罰が機能していないことと同義だ。
ある程度大きくなり、日本の深部にまで入った企業は、不正をしても潰れない。潰されない。路頭に迷う人があまりに多すぎ、行政にすら影響しかねないから。

そこに垣間見えるのは雇用慣行の問題。
政治の力であっても、従業員たちに「次の仕事を斡旋してあげるからね」と言えない何かがあるのでは?
政治より先に解決すべき問題があると感じるのは、こういう理由だ。
政治は民意を汲み取る。だが、汲み取って動こうとしてもなお、どうにもできない何かがあるのだ。

神戸製鋼の問題は根深いと思う。
だが昨今の働き方改革も手伝い、「従業員を大事にせねば」というように社会が変わってくれることを期待する。
年功序列、終身雇用。そんなもの、あと30年も続くとは思えない。副業やリモートワーク、外資系企業の台頭で簡単に崩れる脆い信仰だ。日本企業のあるべき姿が問われて、業績低迷を続ける今の時代に、どういう力学が働けば、年功序列や終身雇用が続くことが出来る?

若者はなぜ自民党を支持するのか「他に選択肢がない」という主張も - ライブドアニュース

若者はなぜ自民党を支持するのか「他に選択肢がない」という主張も - ライブドアニュース

もう若者と呼べる年でもないけど、自分の意見としては

  • 信じられる情報源がない
  • 調べる中でノイズが多い
  • 自分より30歳以上ものおじいちゃんたちが決める未来が持続的とは思えない(つまり若者は政治に対して無力と感じている)
  • 政治家は街角で演説するぐらいなら、YouTubeの一本でも配信したほうがいい。街角へわざわざ演説を聞きに行くという選択肢がそもそもないので。
  • 変えるべきは政治ではないと思っている。
  • 政治的な成果が水面下過ぎて、企業連合の自助努力によるものなのか、何らかの公平さを維持するための法律に準拠したものなのかがわからない。
  • 未だに電子投票してない政治に興味も持てない

将来に不安を抱えているにも関わらず、何も行動出来ないのは、投票することが政治を変えるという実感がないからに過ぎない。
もちろん僕は投票は毎回行ってる。だけど、それで自分たちの生活が政治によって変わったと思えることがない。

平たく言えば、若者に政治参加を語りかけるなら、「君が今受給している○○と言う制度、これは自民党のこのような働きかけで実現したものなんですよ」などという、成果の透明性を訴えないといけないんじゃないかな。
そういう意味で、マスメディアは若者にとって害だと思う。なにしろ殆どの放映がスキャンダルなんだから。
最も、若者に政治参加してほしくないおじいちゃんたちにとっては、それが好都合なのかも知れないけれど。
ただ透明性を顕示することは、今や全てテレビによらなければならないというものでもない。
手段はあるのだ。

問題は、その手段を行使することが、恐らくとても難しいこと。

予想通り

ソフトバンクが社員の副業許可へ 11月から - 産経ニュース


ほら…きた…副業解禁の流れ…

ここからの展開はわかりやすい。

副業解禁した企業が、こんなメリットがありましたと喧伝。
一方で本業に腰が入らない社員とそうでない社員を正しく評価するために評価制度を一新。
新たな人事制度が花開きました!

副業解禁した企業、社員に対するビジネスが多く産まれる。個人の時間や力を切り売りする時代の到来。
ソフトバンクとして狙いたいのはここだろう。自分たちの実績とIT技術をベースにしたコンサルティングビジネス。31年の労働基準法改正による企業の動向を見越した、良い先手だ)

既存企業、残業するほど得をする制度から脱却したい。しかしそのための手段としての副業解禁はリスク大。
しかし新たな人事制度が出来たことで、舵を切る覚悟が出来る。
リスクヘッジ出来たことで、変わることが出来る。
労働基準法改正に乗っかる形で就業規則も大きく変える企業続出。

結局のところ、大企業は、「他社事例」をしっかり見てから動きたいんだよね。大企業にぶら下がる中小企業も然り。
ソフトバンクのような、先進的な企業が舵を切ってくれると、大企業は目を開いて見るしかない。大企業は決して、ソフトバンクの先をいこうとしない。ソフトバンクが切り開く道が茨の道ではないことを確信してから、道を進む。
大企業が進む道は、その道程で舗装される。アスファルトの名前は法律。

2023年

www.blogx3.com

逃げ出せる人は逃げ出す状況だろうし、それは認めるが、大半の人はなかなかそうはいかない。

このままダラダラと衰退を続けるか、それとも一気奮発して変化を取るか、まあ日本史的に見てもどちらかだろう。
東京オリンピック後が、変化するなら最大の時機かなあとなんとなく思う。

人口動態は、多少移民を入れたところで何も変わらないと思う。
結局のところ、人口動態の最大の問題は、逆ピラミッドになっている高齢者を、如何にして養うかと言うことなのだから。
平等に取り立てる以上、所得の多さに比例する。そして所得の多さは、年齢に比例する。
所得の多さと年齢・性別を無関係にすることが先ず先決か?いや、どうだろう。それでは、「勝てる者だけが勝つ」だけになる。
皆が仲良く暮らせる社会と、皆が楽しく勝利出来る社会、と言うのはどうも相容れないように感じる。

いずれにせよ、変化はいつか起こる。ダラダラ衰退を続けた結果、どこかの国の属国になるか、それとも今までの社会を潰す勢いで変化するか。

その時に、出来れば優位な位置にいたいものだ。何しろ家庭がありますから。他人を蹴落としてまで、と言うような意気込みは僕にはないけれど、家族を守るために最善を尽くすと言うくらいの甲斐性はあるつもりだ。
そして今何も出来なくても、2023年くらいには、今聞こえている軋みの結果が何かしら出るのだから、その時までに色んなことを勉強し、生きていけるようにしなくちゃな、と思う。

優秀とは程遠い僕に打てる手

先手必勝とは、戦術にあらず。
戦いが始まってからの先手必勝などによって得られる優位など無きに等しい。後の先を取られて簡単にひっくり返される程度のもの。

先手必勝とは、戦いが始まる前に打つ先手のこと。

自分の思うがままの状況こそが、勝ちが揺るがぬ状況だとすれば、何も起こってないときから自分から手を打ち、何かが起こった時には状況は既に自分の手中、ということが出来るのが、先手必勝の戦略である。

さて、自分はどういう手を打とうか?生き残るために。

僕の今いる会社は、今のところ僕が生きている間くらいは安泰だと思っているが、何か起こらないとは限らない。
起こってから手を打つのではなく、起こる前に手を打っておきたい。

副業、テレワーク。働き方においては、二つの大きな潮流が待ちかまえている。
その時に負担が大きくなるのは、仕事を振る側、管理側だ。成果が明確でなくちゃ成し遂げられない。

目的は収入の増大。ITの末席に位置している以上、これからの見通しは明るい。それでもなお、僕は確固たる安心が欲しい。会社が賃金を上げないという判断をしたとしても、僕の目的が潰えることのないような、手を打ちたい。

専門がさらに細分化していくこれからの時代にあたって、専門的なことは全くわからない人たちへのインターフェースたり得る僕の今の位置はいわゆるコンサルであるため、専門性を磨くことはあまり意味がないように感じる。
特殊な技能もない僕が、優秀なエンジニアの方たちと肩を並べると想像するだけで腰が引ける。
だが、未来予想図を描き、動かせる人を動かし、専門性のある人たちを集め、目標を設定し、IT企業ではない企業に改革をしてもらうという仕事は、割と自分の性にあっているように思う。

そこで僕の取るべき最上の打つ手は、勉強だ。
来るべき時に、周りの優秀な人たちが勉強しだしたときには既に行動に移せることが出来るよう、ノロマな僕は今から勉強をしておかなくちゃいけない。

学問に王道なし。時間は皆平等。それが僕の生存戦略

戦略

戦略というのは、いわば「ハメ」である。
そこに落ちた瞬間、何をどうしようとも突破口が開けない。
格ゲーで覚えのある人も多いだろう。
ハメ技に一度ハマってしまうと、もうそこで終わりだ。
つまり、ハメ技を知っているプレイヤーは、以下に相手に知られずに、ハメ技を繰り出せる状況が作れるかが、戦略のポイントになる。
そのハメ技を知っている相手プレイヤーは、如何にしてそのハメ技を食らわないかを常に気にしながら闘わなければならない。
つまり、「こうすれば勝ち」と言う状況が見えているかどうかが、戦術を決定する。

会社にいると、この辺の戦略的思考ってのが意外と生き残るには大事だと感じる。

教育と多様性と

先日友人と飲みながら話をしていて、子供の教育のことについて議論していた。


小学校、中学校、高校の教師をしたことのある友人は、子供の環境が悪ければ、非行に走る可能性が高くなると論じていた。

そしてその環境は、ある程度は金で解決できると。例えば私学だ。


僕は環境について否定はしないが、非行に走るかどうかは親が植え付けた観念が重要ではないかと思った。

例えば、僕の周りには不良はたくさんいた。程度にバラつきはあるが。

それでも僕は非行を行わなかった。誘われることもあったと思うが、行かなかった。

これは僕が環境に左右されなかった証拠と言える。

では何故、非行の誘いを断ることが出来たのか?


親から受けていた教育が僕を留まらせたか?


否、今だからわかるが、僕は非行に走ることで、非行をしない仲の良い友達を失うことが怖かったんじゃないかと思う。

自分でいうのもなんだが、友人のバリエーションは多かった自負がある。割と分け隔てなく誰とでも接していたほうだ。

だから友人グループというものがいつでも複数あった。

今日はあのグループ、明日はあのグループと遊ぶ、と言ったように。
学外、学内、後輩、先輩問わずだ。


だから、非行に走ることで、多くの友達関係が壊れてしまう可能性を、子供ながらにわかっていたのかも知れない。


環境によって非行に走る可能性がピークを迎えるのは、思春期の中学生くらいだと思う。

その頃に、非行に走る「時間」があり、非行に走っても「直面するリスク」がなければ、非行に走る確率はグンと上がるのかも知れない。

僕は仲の良い(でも深い付き合いはしない)不良の友人がいたが、中学卒業まもなく、バイク事故で死んでしまった。このことは息子にもしっかり伝えていきたい。非行をするということは、人生をふいにするリスクがあること。


多様な人間関係を築くということは、人間を一方面のみに特化させることを防ぐ効果があるのかも知れない。