働き方改革の本質

ふと頭によぎった。働き方改革とは何なのか?つい、その目的などを色々考えてしまうが、本当は目的は本質ではないのではないか?働き方改革とは、それによって得られるものは副次的なものであり、その本質は「手段の多様化」であると思う。IT技術とセットで…

moto 5g plusに買い換えて

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5 Plus 32GB ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4出版社/メーカー: Motorola(モトローラ)発売日: 2017/04/06メディア: エレクトロニクスこの商品を含むブログ (1件) を見るmoto g5 plusに買い換えてから2週…

次世代技術のボトルネックはビジネスになる

Tesla’s Model 3 Is Here, and It's Much More Than an Electric Car | WIREDこういう記事を見るといつも頭によぎるのは、ゴールドラッシュのこと。 ゴールドラッシュで本当に儲けたのは、ゴールドを見つけた人たちではなく、その人たちへショベルを売った人…

副業が当たり前の世界になったら

アメリカ出張漬けで7kg太った身体も、4kg減というところまで戻した。今までの人生の中で、こんなに体重の増減のあった1年間はない。 それが原因とは思えないが、最近どうにも頭の回転が鈍ったり、記憶の引き出しが重くなったりすることがある。さらに…

データのサイロ化と企業構造

ユーザー系SI子会社の作る、親会社のシステムは、データのサイロ化を招くのは構造上当然の事象だと思う。コンウェイの法則そのまんまだ。 僕らユーザー系子会社は、親会社より依頼を受けてシステムを開発する。当然システムには、『主幹部署』というのがあり…

チーム崩壊前夜

仕事のモチベーションが非常に低下している。 理由を箇条書きしてみる。 何をしているかわからないチームメンバー 何を管理しているかわからない管理職 他チームとの兼務なのにうちのチームメンバーの派遣に対して口頭指示を行い続ける人 見えないタスク 問…

守りの軍事行動

様々な経済政策が空振りに終わり、それが国民性や人口動態の変化などに根を持ち、科学技術的の弱体化などと絡み合う場合、確かに現状の枠組みでの政策をこれ以上考えても、焼け石に水のように感じる。他方、改憲や共謀罪など、軍事に関係する議論もある。「…

発言コントロール

発言するかしないか、それは自分自身でコントロールすることが出来る。 もちろん、何を言うか、何を言わないべきかも。だが、発言したあとの他人の言動及び思考については、コントロールが出来ない。 僕たちに出来ることは、「予測すること」しかない。 その…

日本語は美しい

ふとこの曲、妄想感傷代償連盟を聴きながら思った。 日本語はなんと美しいのだ…

身の丈

自分の身の丈について考える。 自分が背伸びをして目標に到達出来るかどうかは、自分の身長を知り、目標に到達している他の人の背の高さを知り、その差を知ればこそ。最近、役員の方々や、役職のかなり上の方々と食事をする機会があった。 僕は思った。同じ…

1年かかったアメリカのプロジェクトももう終わり

2016年3月に初めて仕事でアメリカに来てから早1年。 この1年間は、半年近くをアメリカで過ごした。 最初はまったく慣れずに、通訳を絶対に必要としていたけれど、通訳がいない時にユーザと会議をしたりすることもあり、その辺から、「ああ、英語を身…

労働環境問題における根底にある原因

労働環境の是正へ取り組む政府の動きが非常によく見えている昨今、その動きと企業の動き、さらに実際に働く従業員から聞ける声にはギャップがある。当然、最もギャップの大きいのは従業員からの声と、企業側の施策内容だ。 電通が22時で消灯することを実施し…

英語生活での頭打ち状態について

去年の3月頃からアメリカプロジェクト遂行のために、通算21週間ほどアメリカ滞在している。 最初は後頭部の痛みを感じていた英語にも、仲の良いアメリカ人が出来てからはだいぶマシになってきた。でも最近、なんとなくスランプを感じる。「あ、いけるかも…

仕事の生産性を上げて給料が上がる

僕はその決まり文句を聞くたびに思う。 普通のサラリーマン従業員には、無縁の話である、と。 生産性を上げた結果、会社に利益が出たとする。それが、賞与と言う形で社員に還元されることはあるだろう。 だが、「生産性を上げた本人の給料が上がる」か?他の…

自分に関する自分の決定に責任を持つこと

コミュ力高い人しか採らなくなったら会社が潰れましたみたいな話が最近あったけど、あれの相似形はどこの会社でもあるんじゃないかな。つまり、管理職の方が多くなったら会社が回らなくなった、って感じの。僕は今自社に対して強くそう感じている。 何故なら…

何故事務処理に終われるのか?

人員に対して案件量が多い。 予算に対して案件量が多い。 一つの案件の額の振れ幅は、40万から2000万くらいまであり、一人当たり毎月4~5案件は常に抱えている状態。 案件の受注処理、検収処理も毎月ある。 定型的な処理といえども、いわばハンコ押印ワーク…

労働者たちへ。

機運は高まった。 電通の新入社員の女性の過労死は痛ましいばかりで、ご冥福を心よりお祈りする。 あんなことが起きてしまったご遺族の心象を思うと、言葉もない。もし僕の子供が大きくなって、こんなことになれば、僕は何が何でもその会社が倒産させて、復…

スマホと人工知能

スマホと人工知能はもの凄く相性が良いと思う。

盲信と検索

「これは間違いない!」と思うことほど、検索することから遠ざかる。盲信は盲目的確信であり、自信を裏付ける検索という行為に対して背信的とも言える。自分の知識や常識が検索結果によって覆されるシーンは多々あるが、検索しなければ自信の世界は保たれる…

排他的なおもてなしという矛盾

訪日外国人、在日外国人が増えるにつれ、「おもてなしの心」と「英語を勉強しなくてはやってられない」ことは両立せざるを得なくなる。日本が好きな日本人として、外国人に対して日本のおもてなしを感じ取ってもらうためには、日本語だけでは到底やっていけ…

ロボットの未来

レシピとして表せるものであれば、ロボットによる代替が可能。 単純作業を行うだけのロボットには、新たなレシピを生み出すことは出来ない。 よって、人間の凡そ知的な生活の営みの一部として、レシピ考案はロボットに置き換えられることはないというのが今…

仕事に押しつぶされそうな時の妄想マインドセット

組織活動を戦争、会社で行われる打ち合わせを戦場に見立てれば、歴史上の素晴らしき英雄たちの優れた戦略を取り入れて考えることが大変役立つ。打ち合わせで行うプレゼンや、華やかな資料など、その場を統べるための戦術的としては確かに有効なのだろうが、…

アイデアを盗むと言うことの危険性

まだ現実になっていないことのアイデアを他人から盗むことの恐ろしさは、そのアイデアが形になっていないことに起因する。 形になっていないアイデアというのはつまり、未来のことである。 そういう、他人の考える未来を盗むと言うことは、それが必ず実を結…

思考の自由さと表現の狭さと

アメリカで仕事をしていて、非常に重要な会議などは通訳の人に同席してもらってしっかりと話をするんだが、どうしても通訳の人の都合が合わず、自分の児戯に等しい英語で仕事を進めなくちゃならないシーンが多くある。 そこで思うのは、考えを伝えることが出…

人の怒りをいつの間にか受け流せるようになっていた

いつしか僕は気付いていた。「人は、本当のことを言われると怒る」と言うことに。 あるいは、理不尽に怒っている人は、同意しながら話を聞いてあげるだけで収まると言うことに。 悪いことをしていないのに、殺されるような目に遭うことなんてほとんどない。 …

日本人がバカンスを取れないのは祝日が多すぎるから

blogos.com今僕は1ヶ月超のアメリカ出張中で、ちょうど夏のバカンスを取る人が多くなってきたところである。 ちょうどこの辺の話をいろんな人としている時にこの記事を読んだので、タイムリーだったので投稿せざるを得ない気持ちになった。結論はタイトルの…

Sphinxでinclude出来なくて詰まった件

.. include:: ../hogehoge と言うように普通に書いてるのに、hogehogeが何故かincludeされない!何故だ! 1時間ほど色々やってみた結果、hogehogeファイルがSJISエンコードだった…大元のファイルはUTF-8。 hogehogeファイルをUTF-8で保存し直したらうまくい…

多様性は差別的思想を駆逐する

アメリカにいてて感じることは、とにかくフラットであること。 年齢・人種・背格好・服装・話し方・振る舞い…もちろん、文化的に、「こういうのがベター」とされるものはあるだろうけど、それを差し引いたとしても、フラットである部分が多い。 「アメリカは…

上司が進捗率を出せとうるさいからExcelのタブの色で総計と完了率を出すようにした

とあるシステムのデータ移行をやっているのだが、上司は全部で90近くあるテーブルの進捗率を知りたいらしい。 データ移行の大元はExcelで、ここに記載されたデータがSQLServerへ最終的には移行される。 Excelファイルは複数あり、その中に、各テーブル単位…

時間の切り売りの中で

安定したパフォーマンスを出すためには、習慣というのが大事だと思う。 毎日のタイムスケジュールを明確に描くことが出来、あるいはコントロールすることが出来ている人は、とても尊敬する。例えば、今日の僕のスケジュールについて考えてみよう。 僕は今ア…

月給の額の妥当性

IMF 日本は労働市場の改革進め消費税15%に | NHKニュース 労働市場の改革というキーワードでいくつかサイトを見てて考えた。長時間労働の抑制がうまくいかないのは、仕事のやり方もさることながら、生活残業を目当てにしている部分もあることは否定出…

「ハマる」ということは目的と手段が逆転している状態のこと。

最近はノートを取ることにハマっている。 周期的に、こういうアナログ的な事にハマるのだ、僕は。ノートを取ることの何が面白いか?別に面白くはない。 ノートを見返すこともしないし、記憶できることをあえて書いてる。もちろん、忘れることもあるから、忘…

変則的な日常と安定的な日常

この週末は、日曜日は丸々自分の時間に出来る休みだった。 外は寒いから、ホテルか出る予定もなく、ひたすら自分のために時間が割けるチャンスだった。でも実際に日が終わろうとしてみると、やったことと言えば 明日からの仕事の準備 日本から持ってきたデク…

ユーザ系システム子会社勤務の半端な技術者の悩み

僕はユーザ系システム子会社で勤務している。肩書き上は総合職の主任、やっていることは「SE」や「PM」などと言うものだ。 大学を中退し、コンピュータ関係の専門学校を卒業してから就職した。今この瞬間僕は何をしているか?アメリカのホテルで、夜眠れない…

目的なくネットサーフィンしないほうがいい理由

ネットサーフィンとは自己の拡散に近い。ここで言うネットサーフィンとは、記事をしっかり読むのではなく、斜め読みし、ヘッドラインを高速で追うような情報収集をしてんだかしてないんだかわからない状態のことを言う。ネットサーフィンは、小説を読んで没…

社長席の椅子取りゲーム

「日本の技術は負けていない」という思考停止は国を衰退させる : IT速報確かに、社長席の椅子取りゲームってのはなかなか言い得て妙だ。出世欲のあるサラリーマンの場合、最終的なゴールは役員であるのがまあ大多数じゃないだろうか。 実はそこに、社会とし…

スピードアップした結果訪れる品質低下問題

業務がスピードアップする 査閲、承認のプロセスがボトルネックになる 時間をかけて精査することが疎かになる 60点のものでも承認されてしまう 上司に何かの問題点を報告し、対策のためには仕組みが必要と言う結論になる。 が、じっくり考える時間がないので…

内部から変革しようとしてます

日本でプログラマが少ない理由は戦う戦場を間違えているからです - 文系プログラマによるTIPSブログ仰ってることはたぶん正しい。 この業界、そういう性質が多分にある。 年功序列とは切っても切り離せない性質。いわば、会社をまたいで上司と部下の関係を貫…

マネージャーの役割

マネージャーの役割とは、部下が自身に与えられた役目を十分にこなしている限り、組織としてうまく機能するような仕組みを維持することだと僕は思う。部下が何をしているのかわかってないなんてもってのほか。部下の仕事が、会社でのどこのポジションの仕事…

素朴な疑問

昨今、日本じゃ高齢者増加アンド少子化が加速しており、このままだと日本の人口減っちゃうよ!なんて言われている。一方、世界の人口は70億人を突破しており、世界がパンクしちゃうよ!なんて言われている。世界の人口が増えてる理由は、医療技術の発達や、…

黒船?いえ、未来への足音です。

Amazonが日本でも定額制動画配信サービス開始、年額3900円のプライム会員向けに -INTERNET WatchAmazonが日本でも定額制動画配信サービス開始、年額3900円のプライム会員向けに -INTERNET Watch最近熱いね、こういう流れ。 こういうニュースを見るたび、僕が…

生産性と抽象度

ジェネリクスは理解したけど、使いどころがわわからない… 純粋なアルゴリズムには使えると思うけど、業務アプリに使いどころが出てくるかどうか。これは持論だが、あらゆる仕事の生産性は、いかに抽象的に物事を捉えるかと言うことで決まると思う。標準化し…

家族を守る保守性と、キャリアを開く攻めの両立

2歳以下の子供がいる開発者の日々の生活スケジュールを知りたい…一体どうやって自分の勉強時間を捻出してるんだろう。僕の息子は現在一歳半。知能に比例してやんちゃ度が増してきて、目が離せない。パソコンを弄ってるとすぐに近付いてきて僕の太股に乗って…

凡人である自分へ

私は凡人。だから、できることに集中して、やり続ける。 - 楽に生きる方法私は凡人。だから、できることに集中して、やり続ける。 - 楽に生きる方法 普通に人と話してて目から鱗が落ちると言うことがかなりなくなってきた。たぶん、理由は、ネットに溢れる言…

5分間の音楽を1分で理解できる人などいない

どれだけ技術が発達して生産性が上がっても、人間の能力は大幅には向上しない。 相変わらず僕らは睡眠時間が必要だし、食事時間だって減りやしない。 音楽の定額制についても、どれだけの音楽が定額で聞けたとしても、一人の人間が聞ける音楽には限りがある…

通信制限は二年以内に解除される

インフラの整った日本と、この1ヶ月あたりあるいは三日でいくらという通信量上限設定の矛盾。画像の画質向上によるファイルサイズの増加、音楽・映画定額制による通信量の増加の実体とまさに反対の動きだ。タイトルでは二年と言ってるが、もっと早いかも知…

総合職と言う変な職業について

日本人は仕事が多い、忙しい、生産性が悪いと言われている。 これは雇用分類、職業分類上、当然と思われる。専門職以外の場合、一般的な企業に就職した場合、総合職と言う雇用枠に応募せざるを得ないのではないだろうか? 僕も、コンピューターの仕事がした…

意識高い系とサラリーマン

端的に結論を先に書こう。 社員は意識高い系じゃないと会社は死ぬ。僕はユーザー系SI子会社にいるから、一応技術系の会社と言えるわけだけど、技術的に保守的な姿勢になってしまったら、社員として終わってる。存在意義がない。 技術でもって価値を提供する…

沈む気持ちで初投稿

仕事に嫌気が差してきた負の勢いを持って、憧れだったはてなブログを始めてみる。僕はnaoya21。もちろん本名ではなく、HNだ。32歳男の会社員で、仕事はいわゆるユーザー系のSIer会社に勤めている。あまり自己紹介はしたことないけど、元請けの立場にいるSEと…