読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素朴な疑問

社会 少子高齢化 人生

昨今、日本じゃ高齢者増加アンド少子化が加速しており、このままだと日本の人口減っちゃうよ!なんて言われている。

一方、世界の人口は70億人を突破しており、世界がパンクしちゃうよ!なんて言われている。

世界の人口が増えてる理由は、医療技術の発達や、食料生産技術の発達。

日本は、仮にも先進国であり、医療技術や保険制度は世界でも先端にいる。

なんというか、この矛盾したかのような現象はなんだろう?

日本人である自分から、なぜ少子化が進むのかを考えてみると、色んな要因や言い訳はあれど、総括としては、日本の未来に合わせる形に人口ピラミッドの変化が進んでるように思えてならない。

現在の社会現象は、未来を先取りしている、とも言える。

もし少子化が解決されれば、当然未来は変わる。経済的に明るい未来が待っている。
少子化が解決されないなら、当然悲観的な未来が待っている。

何故子供が生まれないか?社会を構成する僕たち一人一人が、未来を託したくないと超個体として意思を持っているからだ。

一方、世界の人口は、増え続けている。
もし資本主義の先進国では少子高齢化すると言うのが避けられぬ運命なら、人口爆発に苦しむ国が取り組むべきは経済の建て直しということになる。皆が裕福になれば、日本を始めとする少子高齢化が進む国のように、いずれは人口は減っていく。

本当に長い目で見れば、バランスは取れていると思う。
いくらここ数百年で急激に世界の人口が増えたとは言え、皆が皆、老いた両親がいたり、忙しい仕事をもったり、あるいは子供を産めないほど困窮して、社会格差により育てられないことが誰の目にも明確になったりしたら、人口は自然に減少するんじゃないだろうか?

単純な話だ。
経済は二次的な要因としてはあるが、人間は未来について考えることが出来る。
まともな教育を受け、まともに育てられた人なら、生まれてきた我が子の不利になるようなことはしない。親になって本当にそう思う。

人口バランスを保つ上で何より大事なのは、一人一人の教育水準であると言う、根本的な結論に僕はたどり着きつつある。

あなた方が生きている目的など、どこを見ても存在しないが、あなた方が生きている以上の価値は、どこにもない。