読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発言コントロール

発言するかしないか、それは自分自身でコントロールすることが出来る。
もちろん、何を言うか、何を言わないべきかも。

だが、発言したあとの他人の言動及び思考については、コントロールが出来ない。
僕たちに出来ることは、「予測すること」しかない。
その予測精度をより高める方法は、発言の解釈の余地をなくすことと、相手の理解力に合わせた言葉を選択すること。
それでも「誤解」と言うエラーであったり、相手が「この発言をする心理は…」と言った心理戦に突入したりと、とてもコントロールの及ぶものではない。

「沈黙は金」はそうした悩みに対する快刀であり、一定の解であるが、解決策ではない。逃げの一手である。

建設的に会話を続ける方法とは、一体なんなのだろうか。